営業支援ツールの導入効果|コスト削減に繋げたいのなら電話代行サービスを導入|目指せ経営上手
女の人

コスト削減に繋げたいのなら電話代行サービスを導入|目指せ経営上手

営業支援ツールの導入効果

パソコンを操作する人

営業ノウハウの社内共有

企業には大きく分けて一般消費者を対象に事業を行うBtoC型と、企業や公的機関などの法人を相手に事業を行うBtoB型の2種類があります。それぞれに経営戦略が大きく異なり、営業部門の在り方としても違った形の会社組織が求められます。中でもBtoB型企業の場合は法人を対象とした営業活動が業績を大きく左右する面があるため、営業担当者にかかる期待とプレッシャーは重くなりがちです。そうしたBtoB型企業の営業負担を軽減し、企業業績にもプラスに作用する営業支援ツールがITベンダーの手で数多く開発されてきました。営業支援ツールにも製品によって機能に違いがありますが、単に営業マンの仕事を楽にするだけでなく営業ノウハウの社内共有まで視野に入れた製品も少なくありません。営業活動はある程度の経験とセンスを必要とするため、特定の社員にノウハウが偏りがちとなってしまいます。IT技術を利用してその業務ノウハウを営業部門全体で共有できれば、企業全体の営業力がアップして業績改善に結びつくのです。商談スケジュール管理や顧客管理・営業日報入力支援など豊富な機能を持つ営業支援ツールが、多くのBtoB企業で導入されています。

日報の有効活用を実現

営業支援ツールの持つ多彩な機能の中でも、営業日報入力支援は特に利用率の高い機能の1つです。従来の営業日報は営業担当社員がその日の営業活動を終えた後、いったん帰社してから作成するのが普通でした。日報を作成するため残業する社員も多く、文字入力を中心とする営業日報の在り方には問題点もあります。そのようにして作成された営業日報は、営業の成果が見えづらいという理由もあって必ずしも有効活用されていなかったのです。営業支援ツールに含まれる日報作成機能の中には、スマートフォンやタブレットから手軽に入力できるタイプも少なくありません。移動時間を利用して効率的に営業日報が作成できるためわざわざ帰社する必要がなくなり、営業担当社員の負担を大幅に軽減できます。あらかじめ設定しておいた項目から選択したり、タッチパネルを利用した直感的な操作で入力したりするような作成方式も選択可能です。こうした営業日報が営業支援ツールの1機能として組み込まれていれば、入力内容がスケジュール管理や各種レポートにも反映されます。業務効率化によって営業活動に専念できるようになった社員の働きは、営業成績の向上という成果の形で表れるのです。